最近の公営ギャンブルでは、少子高齢化が進んでいて客の絶対数が少なくなってくる事を考慮し、ファミリー向けイベントに力を入れているものが多くなっています。

競馬場などのファミリー向けイベントに行ったきた経験談

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

競馬場などのファミリー向けイベントに行ったきた経験談

最近の公営ギャンブルでは

●男性 39歳
最近の公営ギャンブルでは、少子高齢化が進んでいて客の絶対数が少なくなってくる事を考慮し、ファミリー向けイベントに力を入れているものが多くなっています。
気持ちよく家族で観戦する事ができる特設観客席は、雨の日や寒い日でも気持ちよく競技の行方を見守る事ができるようになっています。純粋に賭けを楽しむという人だけを対象にするのでは、少子化による客の絶対数減少には対応できないと考えているからです。
先日家族で訪ねた競艇場では、ゆるキャラブームに乗って、競技場ごとのマスコットキャラクターのショーを行なっていました。
週末や休日に家族で楽しむために出かけるところとして、公営ギャンブル場が認識されれば、将来的な顧客獲得にもつながってくるという期待が透けて見え、興味深かったです。

更に、家族連れで来場して、父親が賭けに夢中になっている間、他の家族が楽しんで待つことができるように、フードコートやアミューズメントスペースを設置してありました。
家族のそれぞれが充実した時間を過ごせるように工夫してあるのに、感心したものです。

注目情報

Copyright (C)2017競馬場などのファミリー向けイベントに行ったきた経験談.All rights reserved.